実技研修を行い簡単なテストを行う

効果的な研修にする為に必要なこと

会社の業績を上げて成長させるためには人材育成は重要です。しかし研修にはコストがかかり、OJT研修では現場の担当者にも負担をかけます。少しでも効果のある研修にする為に必要なことは3つあります。1つは研修を受ける人に対して、研修中に習得すべき内容を明確に伝えることです。会社の理念やルール、実技で会得すべき技術など伝えておくことが重要です。また研修では受け身にならずに自分から吸収しようという姿勢を持つように伝えることも必要です。 2つ目はOJT研修などで現場の受け入れ準備を入念にすることです。研修担当者が自分の業務で手一杯にならないように、研修期間だけでも人員を増やすことです。また研修担当者には確実に習得させたいポイントを明確に徹底することも必要です。もう1つは実技研修後に簡単なテストを行うことです。テストの内容は実技の技術を検定する以外に、知識や注意点も盛り込むことが大切です。

テストを実施するメリット

実技研修後にテストを実施するメリットは2つあります。まず研修を受ける人が習得への意欲を強めることです。研修を始める前にテストを実施すると伝えるだけで、研修中の集中度が上がります。教えてもらうことに集中し聞くことも見ることも熱心になり、会社を離れても内容を反芻するようになれば申し分ありません。

もう1つは研修内容の効果を検証できることです。研修が受ける人に伝わっているのか、研修内容は適正かなどが良く分かります。これにより反省材料が得られ、今後の研修に活かすことができます。採用する人も変化していくので、研修はマンネリ化しないように常に向上させることが大切です。そしてテスト実施後には採点結果を本人と研修担当者に評価した点や今後の課題を伝えて、今後の活躍に繋げることが重要です。